スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壱岐サイクルフェスティバル(本編その2)

ご無沙汰です。相変わらず遅筆ですがネタばかり溜まってます。今日は壱岐サイクルフェスティバル完結編ですがレース中なので当然写真はありません(^^;)

さていよいよレーススタートです。スタート直後に通称振るい落としの坂が始まります。130mを2km程度で一気に駆け上がります。ここで振るい落とされるとその後に乗れる列車が制限されるので必死に漕ぎます。登り始めで左前方にkeibonさん発見。てんちょーさんは見えませんね。懸命に漕いでkeibonさんをパス。その後も結構な人数抜いたような気がしますが、自分の感覚ではまだ全体の半分くらいの位置だと思ってさらに加速しようとしますが、一旦下ってのさらなる登りで力尽きてガンガン抜かれます。みんな速いよ。。。


さて、前半の登りを終えて下りに入ります。とりあえず路面はドライなので自分なりに加速していきます。コーナーはアホみたいに減速しますけどね(^^;)カーブには畳が立てかけており恐怖心を煽ります。。。一気に下って平坦区間に入ります。丁度いい5,6人の列車を発見して後ろに付かせて頂きます(^^)快調に飛ばす快速列車。ガーミンを見ると平坦区間なのに瞬間的に50km/hの文字が(汗)多分追い風ですが余りに早い。。。「真ん中あたり(と思っている)の順位でこんなに速いの?」と恐怖心を覚えながら、でも列車から降りる勇気もなくてなんとか張り付きます。速すぎて前になんて出れない(苦笑)

よく見ると列車の中にエリートの人が混ざってます。さらにエリートの人と同じチームジャージの方が一緒に走ってたので多分エリートの方が引いてるんでしょうね。かなり速い列車なので前方に見える集団を吸収します。吸収してはその中で速い人が生き残り、遅い人は落ちていくというサバイバルレースの様相。集団の後方にいたので少しでも自分の前で列車が千切れ始めたら一生懸命に前の集団に乗り移ってなんとか集団に残る作戦で行くことにします。

しばらく走ってるとやはり前を引いてないことに気付かれた模様で「引いて下さい(キリッ)」と言われました・・・スイマセン。とこれも暗黙のルールなので既に全力なのにラストスパートのように集団を引きます。ちょっと走ったら許してもらえるだろうと思ってたら結構引かされました(サボってたバツですな)

途中のトンネルを抜けて力尽きたところで、お疲れさんとばかりに列車が抜いていきます。これに付かないといけないのに力尽きてて1つ後ろの列車まで落ちてしまいました。。。うーん厳しい。自分を含めローテーション慣れしていない人が多いと思うので仕方ないんですけどね。

平坦を走ってるときに突然後ろの方から「それタイヤ小さいですよね?珍しい~」と話しかけられました(笑)息も絶え絶えに「650cなんですよ~」と返事しましたがやはり目立つKestrel号です。

で無理やり前の集団を追いかけますがさすがに追い付きません。そうこうしているうちに平坦区間終了。後半の登りに入ります。34kmくらいからエグい坂が始まります。集団が一気にばらけみんな苦悶の表情で坂を登ります。自分も力尽きそうですがまだこの集団の中では速い部類に入っていたようで前の集団に追い付きました。

登り終わったら一気の下りです。アップダウン激しすぎでしょう。。。しばらく平坦が続きますが先ほどの登りで集団がバラバラになり2,3人で引き合う状況になりました。前の方に数人見えますが追い付く状況ではありません。。。で残り10kmくらいで2回目の坂。もう周りもスピードが出せる状況ではなく苦しそうにヨタヨタ登っている状態です。

登り切って一息ついていたらフロントホイールからカシャカシャ異音がし始めました。「なんの音???」カーボンホイールなのでひょっとしてクラックでも入ったか???だとしたら危険です。。。とりあえずブレーキの効きに問題はないので気にせず行きます。(止まって確認する余裕もありません)細かいアップダウンでどんどん消耗していきます。途中の下りでは後輪がスリップ(汗)危うく落車しそうでしたがなんとかセーフ。

もはや前に1人見えるだけで後ろはいません。前の人を追いかけるも登りで追い付くものの平坦、下りで離され一向に近づかない。。。いよいよ残り少なくなり最後の登りですがもはや売り切れ寸前。力なくダンシングで登るももう前の人も遠くに見えます。。。登り切ってゴールかな~?と思ったところで右に急旋回してさらに登ります。追いかける目標も後ろからプレッシャーをかける人もいないのでもう心は折れています。(^^;)

ようやくゴールが見えてきました。最後は両手を挙げてゴール。。。もう限界です。。。

タイムは手元のガーミンでは1時間37分45秒!1時間40分切ってますね。上出来でしょう!

ゴール後やはり速いたにがわくん発見。今年はダメでしたとのことですがダメでこれですか(苦笑)ちなみにホイール異音の原因はスポークが2本緩んでました(恐)

ゴール地点の様子
IMG_2592.jpg
IMG_2593.jpg

しばらくしてkeibonさん到着。のこり1kmで痛恨のチェーン落ちしたそうで噛み込んで3分くらいロスしたとのこと。それは痛い。それよりもてんちょーさんが落車したかも・・・とヤバイ情報が。

心配してたらてんちょーさんもゴールしてきました。7km地点で前方の落車車両を避けられずに壁に激突したそうで大怪我ではなさそうですが肩を強打して痛そうです(診察の結果骨に異常はなく打撲だそうで自転車も無事そうでした。)やっぱりレースは恐いですね。

体育館で昼食&表彰式に参加。keibonさんは抽選会でメロンをゲット。ただあまり大きい賞品を貰っても持って帰るのがタイヘンなのでちょっと微妙。米なんか当たってたら持って帰れませんよ(苦笑)
IMG_2595.jpg

ケガのてんちょーさんは先にフェリー乗り場に行って休むということで、自分とkeibonさんで猿岩に行くことに。猿岩も微妙に遠くてアップダウンばかりです。荷物も重い・・・

猿岩です。
IMG_2597.jpg

ここからフェリー乗り場のコースもちょっとした登りがキツイ。やっとこさ港に到着。

フェリー待ち
IMG_2601.jpg

帰りのフェリーではみんな疲れて爆睡。やっとこさ博多に到着。お疲れ様でした。
IMG_2606.jpg

初レースにしてはまあまあのタイムではなかったでしょうか?
IMG_2607.png
IMG_2609 - コピー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

壱岐、きつかったけど楽しかったですねぇ。
一緒に走れると尚更楽しいんでしょうが、kaneさんのタイムではなかなか走れそうにはありません(^^;)

まぁ、一緒に走れなくても飲めたからいいかな?www

No title

こんばんは、kaneさん (^-^)

ガチレースの壱岐!
やはり
緊張感とスピード感が全然違いますね!

ブログ記事から
伝わってきましたよ~!
(* ̄∇ ̄)ノ

と同時に恐怖感も!
(ll゚益゚)

やはりおいらは
美味い人参を目の前にぶら下げた
グルメライドだな!ww (@ ̄¬ ̄@)

Re: No title

keibonさん

レースの醍醐味は味わうことが出来ていい経験でしたね♪

前夜祭も反省会も楽しかったですね。また飲みましょう(違)

Re: No title

Piccolinoさん

こんばんは~昨日はお疲れ様でした。

イベントと違ってやっぱり周りの雰囲気も緊張感があって独特でしたね。いい経験でした!
プロフィール

kane71jp

Author:kane71jp

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。