スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師匠とライド

こんにちは。今日は先週の土曜日に自転車師匠と小石原に行った記事です。

師匠の自転車
20160827_100148412 - コピー

チネリのエストラーダです。コンポはレコード!いやーカッコイイですね~。もう一台デローザのクロモリもあります。こちらがまたカッコイイ!!

この日のコース
師匠とのライドはいつも行き先が決まっていません。当日集合した後に風を見て師匠が行き先を決めます。車が嫌いなのでおおむね津屋崎方面か田川方面になります。この日も遠賀川沿いを南下して田川の方から小石原を目指します。

当然のようにヒルクライム
師匠は坂はあまり好きではなさそうですがゆっくりなら登ります。この日も陣屋ダムからヒルクライム開始です。
先行して写真撮影
P_20160827_102115 - コピー

撮影してたら抜かれました。。。
P_20160827_102124 - コピー

どれだけ登るのかよく判らないまま登り続けると大藪峠って言うんですね。
P_20160827_105221 - コピー

小石原に抜けるのであれば結局どこかの峠を登る必要があります(^^;)

峠をちょっと降りると小石原の道の駅になります。

休憩後、今度は嘉麻峠を下り飯塚の手前でうどんを食べて、川沿いのCRを通って帰ってきました。130kmくらいでちょうどいいくらいのライドでした。

ということで今日はこの辺でさくっと終わります(笑)
スポンサーサイト

無人島に持っていく10枚

ブログタイトルにある「ときどき音楽」の部分が休眠状態ですのでたまにはこんな企画。音楽好きの方ならではの定番企画、無人島に持っていく10枚シリーズです。これを見たら概ね趣味が判るという便利企画でもあります。暇つぶしにどうぞ♪

At Fillmore East / Allman Brothers Band
AllmanBrothersBand_AtFlmoreEast.jpg

ド定番の1枚。史上最高のライブ盤とも言われています。延々と続くデュアンオールマンとディッキーベッツのギターの掛け合いが素晴らしい。ステイツボロブルース、エリザベスリードの追憶、ウィッピングポストといった名曲も多数。このあとデュアンオールマン(左から2番目)が事故死してしまったため彼の存命中にリリースされた最後のアルバムになってしまいました。

Hot Rats / Frank Zappa
51VLCjyY73L.jpg

難解すぎて手が出せないアーチストの最右翼フランクザッパのアルバムの中でザッパ入門盤といわれる1枚。2曲目以外全部インスト(2曲目もVo部分はちょっとだけ)ですが曲の出来がいいので安心して聴けます。ジャズロック的アプローチと言われることが多いようですがジャズ要素はあまりありません。1曲目ピーチズインレガリアはザッパの代表曲です。

Concierto / Jim Hall
Concierto_Jim_Hall.jpg

ジャズギタリストのジムホールの最高傑作と言われる1枚。1曲目のジャズの定番You'd Be So Nice To Come Home To(ヘレンメリルの「ゆびそ~な~いす」が一番有名でしょう)も素晴らしいですが、白眉は4曲目のアランフェス協奏曲ですね。ホアキンロドリーゴ作曲のギター協奏曲ですが数あるアランフェスの中でも突出した完成度です。

Snow Goose / Camel
200821961.jpg

叙情派プログレの雄キャメルの代表作。ポールギャリコの小説「白雁」にインスパイアされたという全編インストの組曲。キャメルはこの手の小説インスパイアものが好きなのかジョンスタインベックの怒りの葡萄でもアルバムを作っています。情景が浮かぶような哀愁漂う1枚。ちなみに自分は「白雁」という小説は未読です・・・

Desperado / Eagles
eagles d

イーグルスといえばホテルカリフォルニアが定番で自分も好きですが、2枚目のこちらの方がよく聴きます。邦題「ならずもの」でタイトル曲は平井堅がカバーしてましたね。実在の強盗団ドゥーリン=ダルトンの話がベースになったいわゆるコンセプトものですが曲が粒ぞろい。このアルバムを聴くとイーグルスは元々カントリーバンドだと判りますね。

Live / Donny Hathaway
donny-live_1359838037_crop_500x500.jpeg

ソウル系の大定番アルバム。ダニーハサウェイの鉄板ライブですね。教えてくれたのはジャズバーのマスターですが一発で気に入ってすぐに購入しました。ソウル系の聴かず嫌いを直してくれた1枚。

Revlover / The Beatles
61I5KdinQlL.jpg

音楽好きを公言していてビートルズが嫌いという人には未だ会ったことはないですが、好きなアルバムを聞いたら意外とばらけます。人気はアビーロード、ホワイトアルバムですがそれと同じくらいに挙げられるのがこの1枚。一般に有名な曲はあまり入っていません(イエローサブマリンが入ってますがこのアルバムでは浮いてます・・・)が実験的な部分とポップな部分が絶妙なバランスを見せた充実の1枚。

Paranoid / Black Sabbath
BlackSabbathParanoid.jpg

メタルの帝王?オジーオズボーンが在籍している(た?)ブラックサバスの2ndアルバム。オカルト的なイメージが強く、ダウナーな感じがとっつきにくい印象を与えていますが曲は意外とポップです。サバスは5枚目までならどれを聴いても外れはないのですが、パラノイド、ウォーピッグス、アイアンマンといった定番の代表曲が多数入ったこのアルバムが1番聴いてる気がします。オジーのへなちょこボーカルがオカルト的雰囲気にベストマッチ(笑)

Meddle / Pink Floyd
PinkFloydMeddle.jpg

ピンクフロイドなら「狂気」か「炎」じゃないの?という意見(?)を押しのけて地味に「おせっかい」を選択。B面全部を使った代表曲エコーズがこのアルバムの評価を高めていますがA面の牧歌的な小曲群も味があって好きです。ジャケットの毛の生えた不思議な生き物に見える写真は90度傾けて見たら人の耳のドアップだということが判ります。

Headhunters / Heabie Hancock
61VFhhNdS7L.jpg

ジャズピアニストのハービーハンコックがファンクに走った1枚。延々と繰り返されるリズムが段々クセになってくる中毒性の高さがヤバいアルバムです。かなり好みは分かれそうな音ですが・・・


ということでロック、ジャズ、フュージョン、プログレ、メタル、ファンクと多彩な10枚でした。一般的にも名盤と呼ばれているので大ハズレはないと思います。(好みの問題はあると思いますが)興味がありましたらYoutubeなどで聴いてみてはいかがでしょうか?

しまなみ街道弾丸ツアーその3

前回は無事今治に着いたところまで書きました。
しまなみ地図今治

究極の選択?~行くか、戻るか
とりあえずブルーラインの今治までの距離を0kmにしようと降り立ちました。橋を降りたところであと5kmの表示が。。。13:15くらいですね。とここで考えます。

当初プランではこのまま松山まで行ってフェリーで小倉まで帰る予定でした。フェリーは22時くらいだったと思うので超余裕の行程です。でもフェリー泊は面倒です。輪行でそのまま帰る方が今日はツライですが明日は楽です。

時間的には18時くらいまでに新尾道駅に着けば余裕で家には帰れます。18時まであと5時間弱・・・尾道までのブルーライン表示は72kmくらい。20km/hなら3時間半くらい?(甘い計算・・・)

うん帰れるじゃん!ここまでの距離は道に迷った分も含めて80kmちょっと。トータルで150kmちょっとになるでしょう。大島以外は基本平坦なので大丈夫と判断、残り5kmは無視して折り返し今降りたばかりの来島海峡大橋を再度登ります。

大島再上陸
大島に再度戻ってきました。日差しが心なしか強くなってきました。と脚がピクッと・・・
「脚が攣る?」

やばいと思い見つけたスーパーにピットイン。アイスとアセロラドリンクと塩飴を購入。よく考えたらしまなみに来てからポカリ1本と昼に食べた惣菜パンしか塩分を取っていません。典型的な脱水ですね。。。塩飴を3つくらい食べたらちょっと元気が出てきました。やはり塩分補給は大事。

なんとかかんとか14時過ぎに大島脱出。とにかく暑い・・・伯方島の海の駅で休憩です。なんとなく折り返したことを後悔し始めますがもう戻れません(^^;)

伯方島を14:35くらいに通過。大三島に再上陸です。ひた走って15:00くらいに再びサイクリストの聖地に到着。ここで水を購入。あー先は長いな。。。
R0012057 - コピー

R0012062 - コピー

生口島に再上陸。もくもくと走ります。ドルチェの横を通過しなんとなく半分くらい戻った感じがしてきます。

生口橋通過は16:00頃。ようやく因島に戻ってきました。
R0012072 - コピー

結構ヘロヘロになってきました。来たときに寄ったローソンに寄ろうともくもくと漕ぎましたがローソンありません。ログを見たら行きは内陸部を、帰りは海沿いを走っています。コース違うんかい!

結局どこにも寄らず朝見た恐竜が見えてきました。因島を16:25くらいに通過。因島大橋の登りが地味にこたえます。。。
R0012076 - コピー

向島に上陸してからの因島大橋。キレイですね♪
R0012080 - コピー

無事17:00にフェリー乗り場に到着。概ね計算どおり20km/hくらいでは帰ってきたようです。
R0012082 - コピー

旅も終わります・・・
R0012084 - コピー

対岸に着いたらONOMICHI U2という施設があります。自転車の複合施設のようですね。GIANTストアーもあります。(自分が着いた時には閉店していましたが^^;)

施設前でパチリ
R0012088 - コピー

施設に隣接したコインシャワーを発見!これは嬉しい。¥100で5分シャワーが使えます。

さっぱりして新尾道駅に向かいます。

途中「はっさく大福」につられて松愛堂さんへ
R0012090 - コピー

はっさくの酸味と大福の甘さがマッチして旨かったです。
R0012089 - コピー

新尾道駅に着いたのは18:15頃。輪行袋に自転車を詰めますがせっかくシャワーを浴びたのにまた汗だくに(^^;)そして新尾道駅はあまり新幹線が停まらないためか次の新幹線は18:52でした・・・(待ち長い)

ようやく新幹線こだまに乗りましたがこのまま小倉に行くと21時を超えるので広島でのぞみに乗り換え・・・20:30頃小倉着。21:30頃無事帰宅しました。

北九州から日帰りでしまなみ往復できることが判明
頑張れば日帰りで北九州からしまなみ往復できることが判明しました。ポイントとしては
 ・天気のいい日を選ぶ(天気が悪いと魅力半減だし、体力も相当奪われます)
 ・始発の新幹線に乗る(基本ですね)
 ・荷物少なめに(今回船中泊も考えてたのでスリッパ等かなり余計な荷物を持っていきましたが、いつもの装備+輪行袋+着替だけで十分です)
 ・寄り道せずにルート上をもくもくと走る(それだけでもしまなみは満足度は高いです)
 ・昼食は簡単に(名物をのんびり食べようと思ったらどこかで頑張るしかありません)

でも次は途中で1泊してのんびり走りたいですね(^^;)。亀老山、次は必ず登って美しい来島海峡大橋を見るぞ~!

ということで長々お付き合いありがとうございました。

しまなみ街道弾丸ツアーその2

続きです。前回は生口橋の手前まで来たところです。時間は10:15頃です。
しまなみ地図生口

天気が良くてよかった♪
R0012019 - コピー

生口橋を渡ります。
R0012020 - コピー

生口島上陸
本日3つ目の島になる生口島上陸です。いくちじまと読むそうです。海沿いの道を走っているととあるお店に自転車がたくさん停まっています。

ドルチェというジェラート屋さんです。
P_20160825_102834 - コピー

事前情報なしでしまなみに来たので知りませんでしたが、しまなみに来たら必ず寄るべきスポットのようです。

とりあえず桃のジェラートを注文。暑くなってきたところでジェラートは美味い。
R0012023 - コピー

ここではレモン水も無料で振る舞われていました♪

さてドルチェで元気を補給して次に向かいます。

次は大三島に渡る多々羅大橋ですね。ドルチェで休憩したというのもあってここの通過は11:05頃でした。
R0012025 - コピー

多々羅大橋を渡ります
R0012026 - コピー

いい景色ですね~
R0012027 - コピー

大三島上陸~サイクリストの聖地へ
多々羅大橋を降りると噂に聞いていたサイクリストの聖地になります。
R0012029 - コピー

人型のサイクルスタンドにも当然掛けてみる。いい感じですね。
R0012033 - コピー

のんびり撮影を楽しんでいたら11:30になってました(^^;)慌てて出発です。

大三島は大きい島ですが走るのはちょこっとです(^^;)すぐに伯方島に渡る大三島橋が見えてきました。
R0012041 - コピー

特に意味のないリア側からの写真
R0012044 - コピー

このあたりで11:50くらいです。

伯方島上陸~でもすぐ通過(^^;)
伯方島に上陸です♪あれでもなんか写真がないなぁ・・・伯方島でコンビニにピットインしパンを買って昼食です(せっかくしまなみまできてコンビニかい^^;)どうでもいいですがコンビニはローソンが多いですね。

ということで大島に上陸です。(ぉぃ)

大島上陸~ここが一番ハード
結局伯方島の写真は1枚もなくて大島に上陸したところから写真が再開されています。

伯方・大島大橋です。12:20くらいですね。ということは伯方島には30分いたかどうかですね(ぉぃ)
R0012045 - コピー

他の島では橋へのアクセスを除きほとんど登りらしい登りはありませんでしたが大島では2つ峠がありました。レンタサイクルで走る人には鬼門の島のようですね。最初の峠を登ってたら親子連れのお父さんが子供の分の自転車も押しながら歩いてました。大変だなぁと追い抜きましたが、その後も結構登りましたよ(汗)お父さん大丈夫だったんでしょうか?

2つめの峠を越えてようやく最後の橋が見えてきました。

来島海峡大橋です!第一、第二、第三大橋まである大きな橋です。
kurushima.jpg

でかすぎて全体の写真が撮れていません(^^;)亀老山ってところに登ったらキレイに見えるらしいですね(戻ってきた後で知りましたが知っててもヒルクライムする体力はありませんでしたが・・・)

今治上陸
来島海峡大橋を超えて今治上陸です。13:10くらい
R0012056 - コピー

ブルーラインは今治までの距離がまだ8km残っていますね。

四国までたどり着いたのでキリがいいので次回に続きます♪

しまなみ街道弾丸ツアーその1

おはようございます。現在有給消化中で昨日から3日間休みです。せっかくの休みなので急遽しまなみ街道に行ってきました。

当初計画
最初の計画では夜小倉から松山に向かうフェリーに乗って船中泊、朝松山から尾道を目指し新尾道から新幹線で帰る計画でした。これは余り無理のないプランで、本来なら昨日の夜出発して今頃走ってる頃でしたが一昨日天気予報を見ると今日の天気が微妙なことが判明。急遽逆ルートで始発の新幹線で新尾道まで行って今治経由松山でフェリーで小倉に帰ってくることにしました。

小倉駅まで自走でGO
昨日は朝4:30起き。軽くパンを食べて5:15頃出発。あたりはまだ暗いですね。だいぶ日の出も遅くなっているようです。5:45頃小倉駅に到着。
R0012000 - コピー

さっそく輪講袋に詰めて6:17のひかりに乗り込みます。自由席でしたがガラガラです。
20160825_062642480 - コピー

無事一番後ろの席をゲット出来、自転車を座席の後ろに起きます。
R0012003 - コピー


新尾道到着
無事7:55に新尾道に到着です。
20160825_081017642 - コピー

1階の駐車場のところで荷解きして8:15頃いざ出発。最初はフェリーに乗るために向島行きフェリー乗場に向かいます。約3.5kmくらいです。基本下り基調で割と交通量の多い道ですね。

Sjcam吹っ飛ぶ
フェリー乗り場に向けて走ってるとハンドルに付けたSjcamがやけにぐらぐらしています。気にせず走ってると
「ガシャ」
という嫌な音とともにSjcamが吹っ飛びました(驚)慌てて回収。本体は無事だったようですがジョイントがへし折れています(汗)とりあえずフェリー乗り場に向かいますが出だしから嫌な予感が・・・

向島行きフェリー乗場
R0012006 - コピー
乗り場自体はすぐ判ります。問題はどこでキップを買うんだこれ??うろうろしていたらおっちゃんが話しかけて来てくれて船に乗ってお金を払うシステムだそうです。ちなみに金額は¥110とのこと。おっちゃんありがとう!
P_20160825_083032 - コピー

無事乗船。お金も払って周りをみたらクロスバイクの人が2人だけとさすがに平日なのであまりローディもいないですね。ふと座席後ろに付けたツールボトルを見たら蓋がない・・・いま写真を見てたら小倉駅まで付いていたので小倉駅で輪行袋に入れる際に落としたようです(涙)やむなくツールボトルはリュックにINしました。背中が重い・・・

向島上陸
8:45に最初の向島に上陸。青いラインに沿って走っていけば今治まで着く寸法です。(^^)
R0012016 - コピー
この写真には書いていませんが今治までの残りキロ数が書いているので目安になります。向島の海沿いを走ります。

最初に見えるのが向島大橋です。この橋は渡りません。
R0012011 - コピー

渡るのはこちら。因島大橋です。一気にしまなみに来た感が高まりますね。
R0012012 - コピー

さて因島大橋の下をくぐってしばらくすると橋に向かうために左折です。

まさかの迷子
左折するとすぐに料金所の表示が左にあるのでそのまま左に行けばいいものを何を血迷ったか、「料金所か~」と思っただけで直進。直進すると斜度10%はあろうかという急な登りになります。。。普通急な登りが出た時点で「観光コースにこんな登りあるか?」と思うところですが、何も考えずにえっちらおっちら登ります。登り切ったら因島大橋の車側の道にでましたが、さすがに車道は走らないだろうということでその辺をうろうろ。地図を見てもまったく判らないし時間ばかりが過ぎていきます。

30分ほど登ったり下ったりしてたら体力の消耗を感じて来て、ようやく「最初の入口に戻ろう・・・」と戻ったところで料金所のところから入ることに気付きました。無駄に体力と時間を浪費しました。。。ここから登ると平均勾配3%くらいでした。そりゃそうですよね(^^;)
※自転車通行料金は、平成30年3月31日まで期間限定で無料になっています。

因島大橋は上を車道下を自転車や歩行者が走る構造です。
因島大橋

因島上陸
無駄に時間を消費し9:45頃因島上陸です。(※1時間もかかるルートではありません)最初にお出迎えしてくれたのは恐竜。。。
R0012014 - コピー

シュールな光景です。。。

因島でローソンを発見したので最初のピットイン。ローソン横にあったこんなものでパチリ。やっぱりシュール。
R0012015 - コピー

30分ほどで次の生口橋へ。
R0012017 - コピー

続きますよ♪

芦屋サイクリングロードTT

おはようございます。今日は朝から自転車トレーニングへ。目的はSTRAVAの自己記録の塗り替えです。芦屋サイクリングロード(CR)と波津の海岸線の自己記録を塗り替えてやりますよ。

芦屋CRとは
芦屋のプールから波津までの海岸線を走るサイクリングロード。北九州界隈のローディの聖地ですね。STRAVAの計測区間は7.3km。

芦屋までは3号線を走って遠賀川沿いを北上します。ウォーミングアップで30km/hちょいで走ります。いざ芦屋からスタート。これまでの自己記録は13’25’’。13分は切りたいですね。風はほぼ無風。走っている自転車も人もいません。砂もあまりなくていいコンディション。35km/h前後をキープします。このコースは3箇所ある橋の前後のカーブをところでいかにスピードを落とさずにいけるかでだいぶタイムが変わります。無難にこなしていたんですが途中でサーファーが集まっているところで車が!!しょうがなく減速し車を避けつつ再加速。うーん10秒はロスしたなぁ。。。

結果は12’52’’自己記録更新です。全体でも4位なのでまずまずではないでしょうか?ちなみにトップは11’22’’人間の所業ではありません(汗)

波津で撮影会
今日はケストレル号でした。自分で言うのもなんですがカッコイイ・・・
R0011972 - コピー

R0011981 - コピー

波津の海岸線もTTしようかと思ってましたが、汗が尋常じゃないくらい出ています。休憩しましたが結局ここで燃え尽きたので帰ることにしました(^^;)。次のトライはもう少し涼しくなったらしようと思います。。。


ちなみに燃え尽きた帰り道ボチボチ帰ってるとローディにぶち抜かれました。ボチボチとはいえガーミンを見たら33km/hだったんですが・・・剛脚の道は遠い・・・

朝ランコースの紹介

最近あまりに暑くて走れてません。だんだん体重も増えてきたので今日は朝から走ってきました。今日はいつもの朝ランコースにあるいろいろなスポットをご紹介。

高炉台公園
IMG_2709.jpg

旧電車通り沿いから入れる階段は駆け上がり練習に最適です。登り切ったところにあるモニュメントからの眺望はいいですよ!

高見神社
IMG_2710.jpg

高見にある新日鐵住金ゆかりの?神社。パワースポットです。なお高見地区は知る人ぞ知る高級住宅街です(^^)

スピナ荒生田店
IMG_2711.jpg

スピナは新日鐵系列のスーパーで北九州市内には結構店舗がありますが高見地区にあるここのスピナは別格の高級スーパー(多分)。他のスピナにはないような高級食材が置いていたりします。

中央公園
IMG_2712.jpg
IMG_2713.jpg

戸畑にある金比羅池周辺に整備された総合体育館と公園です。公園を1周回ると1.1kmくらい。今朝もウォーキングやランニングをする人で賑わっていましたよ。

今日は中央公園を2周回って折り返し

パンサンジャック
IMG_2714.jpg

先日紹介したパンサンジャックも高見地区(道路の反対なので七条かな?)にあります。今日も賑わってましたよ。

大蔵公園
IMG_2715.jpg
IMG_2716.jpg

河内貯水池の入口くらいにある小さな公園。トイレと水場があります。ここの水場で水浴びをしているおっさんがいたら自分かもしれません。

旧八幡市民会館
IMG_2718.jpg

有名な建築家が設計したらしい八幡市民会館。耐震基準を満たしてなくて閉館になりましたが存続活動で盛り上がってるようです。でも隣にあった図書館も潰しちゃったので、なくなるのも時間の問題です。見るなら今のうちかも。



ということで近隣スポットの紹介でした。みなさんよい週末を♪

Anelloのリュック買いました

お盆も終わり仕事が始まりました。。。明日某所で講師をすることになっており今その予習のため早退して勉強中ですが、飽きてきたので現実逃避でブログアップです。今日は先日通勤用リュックを買ったのでご紹介。

Anelloとは
2005年に誕生した【anello®】は、イタリア語で『年輪』を意味します。「こだわりすぎず、ちょっとしたポイントがあって、直感で欲しいと感じてもらえる」をコンセプトに、流行/性別/年齢にとらわれないモノづくりを目指しています。さまざまなシーンに合わせることができるよう、バックパックを中心とした数多くのデザインと、幅広い素材で展開しています。グローバルブランドとしても成長し、世界各国でも愛用者が増加中。これからも年輪(anello®)を重ね、よりよいものを生み出していきます。

だそうです。(HPより)HP見ても判るようにどちらかというとレディースのバッグのようです。ということに買った後に気付きました。。

買ったのは
IMG_2706.jpg

通勤用なので地味にネイビーを選択。見た目シンプルなのでおっさんが通勤に使っても問題はなさそうです。

このバックの特徴は
IMG_2707.jpg

口金が入っていてがま口のようにガバッと口が開くこと。中身が取り出しやすいですね。ただ中に仕切りがなくポケットが2つしかないのでバッグインバックがあるといいでしょう。
IMG_2708.jpg

余計なものがついてないので、やたらポケットが付いていて頑丈なメンズの通勤用リュックと比較して超軽量です(笑)

しかし問題点が
上の方で書いた通りどちらかというとレディース向けのリュックですが、お値段が手頃なためか特に若い女性に人気のようで土日に街をウロウロしていたら高い確率でこのリュックを背負った若いおねーちゃんを目撃します。(若い人は極限までリュックのベルトを伸ばして背負ってます^^;)

で昨日出張で博多に行った帰りのJRで座ってたら隣に若いおねーちゃんが座ってきたんですが、まったく同じリュックでした(^^;)。自分は別に気にしないんですが、若いおねーちゃんにお揃いのバッグだと気付かれたら
「きもっ」
と思われることは必至なので、そそくさと足元に避難させました。。。気遣いが必要なリュックです(苦笑)

おいしいパン屋(PAIN SAINT JACQUES)

おはようございます。お盆休みいかがお過ごしでしょうか?今日はうちの近所のおいしいパン屋を紹介。

PAIN SAINT JACQUES(パンサンジャック)
20160803 0649031

北九州市八幡東区七条にあるパン屋さん。自分のジョギングコース沿いにあるのでよく前を通りますがいつも賑わっています。

オススメのパンは

なんといってもメロンパン。今まで食べた中でこれ以上のメロンパンはありません。外はざくざくの生地に中はしっとりふんわりで言うことなし。これで¥120は安い。もうコンビニでメロンパンは買えないほどの旨さ。
IMG_2635 - コピー

もうひとつはクリームパン。最初に持ったときの余りの重量感にビックリ。これでもかといわんぱかりにクリームが大量投入されています。クリームもあっさりめなのが好印象。¥130とリーズナブルですが食べ応えは満点です。
24633370.jpg


食べログ情報です

ケストレルを買ってみたその1

自転車にはまってはや3年。今年また自転車を買ってしまいました。

ケストレルKM40
IMG_2533.jpg

入手するのにだいぶ手間取りましたので入手経路についてしばらくネタにしたいと思います。

ケストレルって?
ロードバイクにある程度乗ってる人なら自転車メーカーはある程度詳しいと思います。なんてったって次の自転車がすぐ欲しくなるので研究してしまいますよね。有名どころでGIANT、TREK、CANNONDALE、ANCHORあたりですかね。そんななかケストレル(KESTREL)はあまりメジャーではありません。ロードというよりもトライアスロン用の自転車で有名なメーカーです。

ガチトライアスロン仕様ですね
thumb.jpg

ケストレルとのりりん
そんなマイナーメーカーケストレルが一躍有名?になったのが漫画「のりりん」でしょう。詳細は割愛しますが女性主人公の輪ちゃんが乗ってる自転車がケストレル500sciという自転車。シートポストのない形状が目を引きますね。
251726098527.jpg

「のりりん」はケストレル以外にも変わった自転車が目白押し。でも内容は男性主人公がだんだんロードバイクにはまっていくのを淡々と描写していく、よく言えばリアリティのある、悪く言えば盛り上がりに欠ける漫画です。ロードバイクに乗ってる人が見たら面白いと思うかもしれません。

のりりん 全11巻で既に完結済みです。自分は面白いと思います。
51N1pwc0VrL.jpg

ケストレルが欲しい!
ということでケストレル500sciカッコイイですよね。すぐ欲しくなりました。まずはネットで検索です。すぐに判ったことは500sciは90年代に生産されたもので既に生産中止であること、「のりりん」の影響で国内の入手は非常に困難であること、でした。ヤフオクでも取り引きされている様子はありません。

普通なら諦めるところですが手に入らないとなるとますます欲しくなるのが人の性。ケストレル500sciで検索するとケストレルを購入した人のブログにヒットします。

当時参考にさせてもらったブログ  ケストレル500sciで検索すると筆頭に出てきます。

購入するには海外のオークションしかないようです。ebay。。。ハードル高いですね。

その2に続きます。
プロフィール

kane71jp

Author:kane71jp

カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。